診療科・部門整形外科

診療科・部門整形外科

診療科紹介

診療科紹介


特別なお知らせ枠 

整形外科関連のほぼすべての疾患に対応


筋・骨格系の疾患・外傷など、整形外科関連のほぼすべての疾患に対応できます。

しかし当院は専門医療・急性期総合医療を担っているため、整形外来の診療も原則的に「手術治療をご検討の方」「急性の症状・痛みのある方」、ならびに「かかりつけ医からご紹介の方」優先的に予約、診察、検査を行っています。

また、診療の結果手術ではなく通院保存治療が適する方や、治療が終了した方は、かかりつけ医での診療継続をご案内しています。


急病・急患の方は随時受け付けます、来院前にお電話でご相談ください。
診療は原則予約制です。来院前にお電話でご相談ください。

対象疾患

対象疾患

  • 脊椎外科
    • 腰部椎間板ヘルニア
    • 腰部脊柱管狭窄症
    • 頚椎症性脊髄症・神経根症
    • 頚部椎間板ヘルニア
    • 環軸椎関節亜脱臼
    • 脊椎・脊髄腫瘍
    • 脊椎破裂骨折など
  • 関節外科(下肢)
    • 変形性・リウマチ性股関節症
    • 大腿骨骨頭壊死症
    • 変形性・リウマチ性膝関節症
    • 膝半月板損傷
    • 膝靭帯損傷
    • 足関節捻挫
    • 外反母趾
    • リウマチ足趾変形(槌趾・開張足)
    • 大腿骨頚部・転子部骨折など
  • 手の外科・肩
    • 五十肩・肩腱板損傷
    • 変形性・リウマチ性肘関節症
    • 肘部管症候群
    • 手根管症候群
    • 母指CM関節症
    • 変形性・リウマチ性手指関節症
    • リウマチ性手関節症・手指伸筋腱断裂
    • 月状骨壊死症
    • 舟状骨偽関節
    • 橈骨遠位端骨折など

治療・検査

治療・検査

主な手術


特徴

特徴

  • 脊椎外科・関節外科・手の外科の3分野を大きな柱とし、各部位の関節症や脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなど変性疾患の治療に力を入れています。
  • 各医長はそれぞれの専門分野を担当しますが、専門に縛られることなく他分野の疾患も診療します。
  • 内科(リウマチ膠原病内科)と整形外科が病棟「運動器・リウマチセンター」で協働し、診療しています。
    リウマチや透析その他の内科的合併症があり、整形外科単科のクリニックでは困難な場合でも手術可能です。

たまねぎ通信39号で、人工関節手術について特集をしております。ぜひご覧ください。


人工関節手術は低侵襲の時代に


たまねぎ通信 39号(PDF)
2016年11月発行

お知らせ

お知らせ

研究情報の公開

下記の研究に参加・協力しています。詳細は下記ページをご覧ください。

  • 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)

関連リンク

関連リンク

最終更新日:2021年12月