診療科・部門放射線治療科

診療科・部門放射線治療科

診療科紹介

診療科紹介


特別なお知らせ枠 

がん治療に新たな選択肢


北海道大学病院からの非常勤医師のみの体制で2013年に開始しましたが、2020年6月からは常勤の専従医師を迎え、診療放射線技師(医学物理士2人含む)や外来看護師と共にチームを組み、従来の三次元原体照射(3D-CRT)に加えて定位照射を提供できるようになりました。

また北海道大学病院と連携し、より高度な治療が必要な場合、また患者さんが希望される場合は紹介できる体制を整えています。

がん治療に新たな選択肢


北海道大学病院からの非常勤医師のみの体制で2013年に開始しましたが、2020年6月からは常勤の専従医師を迎え、診療放射線技師(医学物理士2人含む)や外来看護師と共にチームを組み、従来の三次元原体照射(3D-CRT)に加えて定位照射を提供できるようになりました。

また北海道大学病院と連携し、より高度な治療が必要な場合、また患者さんが希望される場合は紹介できる体制を整えています。

対象疾患

対象疾患

  • 全ての悪性腫瘍。特に乳がん、肺がん、消化器がん、悪性リンパ腫、転移性腫瘍(脳・肺・骨)が多い。

  • 甲状腺眼症、ケロイド、脾腫などの良性疾患も対象

治療・検査

治療・検査

治療・検査

治療・検査

  • 放射線治療

  • 放射線治療装置リニアック

バリアン メディカル システムズ社製 CLINAC iX

院内streetview  放射線治療科周辺


放射線治療の流れについて


放射線治療の流れは、大きく分けて「放射線治療の適応決定」、「専門医の診察」、「放射線治療計画」、「放射線の照射」、「経過観察」の5つのステップがあります。



  • 01放射線治療の適応決定 患者さんが受診する前に、放射線治療の適応がありそうか、当院で治療が可能そうか、などを主治医と検討します。場合によっては最初から北海道大学病院などより高次の医療機関への紹介を提案します。
    01放射線治療の適応決定 患者さんが受診する前に、放射線治療の適応がありそうか、当院で治療が可能そうか、などを主治医と検討します。場合によっては最初から北海道大学病院などより高次の医療機関への紹介を提案します。
  • 02専門医の診察 当院での治療適応がありそうとなった場合、実際に放射線治療専門医が患者さんの診察を行います。診察結果をもとにして放射線治療の方針やスケジュールを決定し、それを患者さんに丁寧に説明します。
    患者さんが治療に同意された場合、放射線治療の計画・準備を行っていきます。治療の説明については患者さんがきちんと納得するまで行います。
    02専門医の診察 当院での治療適応がありそうとなった場合、実際に放射線治療専門医が患者さんの診察を行います。診察結果をもとにして放射線治療の方針やスケジュールを決定し、それを患者さんに丁寧に説明します。
    患者さんが治療に同意された場合、放射線治療の計画・準備を行っていきます。治療の説明については患者さんがきちんと納得するまで行います。
  • 03放射線治療計画 放射線治療開始前に、最適な範囲や照射方向を決めるため、治療計画用のCT撮影を行ないます(通常は、初回診察の後に予定します)。CT撮影は、実際の照射の時と同じ体位で行ない、治療部位の皮膚に消えにくいインクでしるしをつけます。
    頭部や頚部の治療を行なう場合は、固定具のシェルを作成する事があります。CT画像をもとに放射線治療専門医が患者さんごとの最適な治療計画を作成します。
    03放射線治療計画 放射線治療開始前に、最適な範囲や照射方向を決めるため、治療計画用のCT撮影を行ないます(通常は、初回診察の後に予定します)。CT撮影は、実際の照射の時と同じ体位で行ない、治療部位の皮膚に消えにくいインクでしるしをつけます。
    頭部や頚部の治療を行なう場合は、固定具のシェルを作成する事があります。CT画像をもとに放射線治療専門医が患者さんごとの最適な治療計画を作成します。
  • 04放射線の照射 治療は月曜から金曜まで1日1回、週5回行うことが多いですが、症例によっては週の回数を減らしたり、逆に1日2回行ったりもします。また祝日や連休を治療期間に挟む場合、土曜日を含む休日に代替的に照射を行うこともあります。
    1回の治療時間は1部位につき20-40分程度ですが、初回の治療や治療計画を変更した場合は治療時間がやや長くなります。
    放射線自体は体に当たっても痛みを感じることはありません。治療中は体をできるだけ動かさないように寝ているだけです。痛み等で長時間の仰向けの姿勢がとれない場合は、鎮痛薬を使用したり、場合によってはうつぶせの姿勢などで治療を行うこともあります。
    照射中は、治療室は患者さん一人となりますが、テレビモニターで操作室の技師が常に見ていますのでご安心ください。
    照射中の患者さんは、基本的に毎週火曜日に診察を行いますが、必要に応じて他の日にも診察を行うことがあります。
    照射中のみならず照射の前や終わったあとでも、なにか気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
    04放射線の照射 治療は月曜から金曜まで1日1回、週5回行うことが多いですが、症例によっては週の回数を減らしたり、逆に1日2回行ったりもします。また祝日や連休を治療期間に挟む場合、土曜日を含む休日に代替的に照射を行うこともあります。
    1回の治療時間は1部位につき20-40分程度ですが、初回の治療や治療計画を変更した場合は治療時間がやや長くなります。
    放射線自体は体に当たっても痛みを感じることはありません。治療中は体をできるだけ動かさないように寝ているだけです。痛み等で長時間の仰向けの姿勢がとれない場合は、鎮痛薬を使用したり、場合によってはうつぶせの姿勢などで治療を行うこともあります。
    照射中は、治療室は患者さん一人となりますが、テレビモニターで操作室の技師が常に見ていますのでご安心ください。
    照射中の患者さんは、基本的に毎週火曜日に診察を行いますが、必要に応じて他の日にも診察を行うことがあります。
    照射中のみならず照射の前や終わったあとでも、なにか気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。
  • 05経過観察 予定された放射線治療が終了したあとも、必要に応じて当科で経過観察を行います。
    紹介元の診療科あるいは病院と併診になることもあります。
    05経過観察 予定された放射線治療が終了したあとも、必要に応じて当科で経過観察を行います。
    紹介元の診療科あるいは病院と併診になることもあります。

01.放射線治療の適応決定

患者さんが受診する前に、放射線治療の適応がありそうか、当院で治療が可能そうか、などを主治医と検討します。場合によっては最初から北海道大学病院などより高次の医療機関への紹介を提案します。


02.専門医の診察

当院での治療適応がありそうとなった場合、実際に放射線治療専門医が患者さんの診察を行います。診察結果をもとにして放射線治療の方針やスケジュールを決定し、それを患者さんに丁寧に説明します。
患者さんが治療に同意された場合、放射線治療の計画・準備を行っていきます。治療の説明については患者さんがきちんと納得するまで行います。

03.放射線治療計画

放射線治療開始前に、最適な範囲や照射方向を決めるため、治療計画用のCT撮影を行ないます(通常は、初回診察の後に予定します)。

CT撮影は、実際の照射の時と同じ体位で行ない、治療部位の皮膚に消えにくいインクでしるしをつけます。

頭部や頚部の治療を行なう場合は、固定具のシェルを作成する事があります。CT画像をもとに放射線治療専門医が患者さんごとの最適な治療計画を作成します。


04.放射線の照射

治療は月曜から金曜まで1日1回、週5回行うことが多いですが、症例によっては週の回数を減らしたり、逆に1日2回行ったりもします。


また祝日や連休を治療期間に挟む場合、土曜日を含む休日に代替的に照射を行うこともあります。


1回の治療時間は1部位につき20-40分程度ですが、初回の治療や治療計画を変更した場合は治療時間がやや長くなります。

放射線自体は体に当たっても痛みを感じることはありません。

治療中は体をできるだけ動かさないように寝ているだけです。痛み等で長時間の仰向けの姿勢がとれない場合は、鎮痛薬を使用したり、場合によってはうつぶせの姿勢などで治療を行うこともあります。照射中は、治療室は患者さん一人となりますが、テレビモニターで操作室の技師が常に見ていますのでご安心ください。

照射中の患者さんは、基本的に毎週火曜日に診察を行いますが、必要に応じて他の日にも診察を行うことがあります。

照射中のみならず照射の前や終わったあとでも、なにか気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。


05.経過観察

治療は月曜から金曜まで1日1回、週5回行うことが多いですが、症例によっては週の回数を減らしたり、逆に1日2回行ったりもします。


予定された放射線治療が終了したあとも、必要に応じて当科で経過観察を行います。
紹介元の診療科あるいは病院と併診になることもあります。

01.放射線治療の適応決定


患者さんが受診する前に、放射線治療の適応がありそうか、当院で治療が可能そうか、などを主治医と検討します。場合によっては最初から北海道大学病院などより高次の医療機関への紹介を提案します。

02.専門医の診察


当院での治療適応がありそうとなった場合、実際に放射線治療専門医が患者さんの診察を行います。診察結果をもとにして放射線治療の方針やスケジュールを決定し、それを患者さんに丁寧に説明します。
患者さんが治療に同意された場合、放射線治療の計画・準備を行っていきます。治療の説明については患者さんがきちんと納得するまで行います。

03.放射線治療計画


放射線治療開始前に、最適な範囲や照射方向を決めるため、治療計画用のCT撮影を行ないます(通常は、初回診察の後に予定します)。

CT撮影は、実際の照射の時と同じ体位で行ない、治療部位の皮膚に消えにくいインクでしるしをつけます。

頭部や頚部の治療を行なう場合は、固定具のシェルを作成する事があります。CT画像をもとに放射線治療専門医が患者さんごとの最適な治療計画を作成します。

04.放射線の照射


治療は月曜から金曜まで1日1回、週5回行うことが多いですが、症例によっては週の回数を減らしたり、逆に1日2回行ったりもします。


また祝日や連休を治療期間に挟む場合、土曜日を含む休日に代替的に照射を行うこともあります。


1回の治療時間は1部位につき20-40分程度ですが、初回の治療や治療計画を変更した場合は治療時間がやや長くなります。

放射線自体は体に当たっても痛みを感じることはありません。

治療中は体をできるだけ動かさないように寝ているだけです。痛み等で長時間の仰向けの姿勢がとれない場合は、鎮痛薬を使用したり、場合によってはうつぶせの姿勢などで治療を行うこともあります。照射中は、治療室は患者さん一人となりますが、テレビモニターで操作室の技師が常に見ていますのでご安心ください。

照射中の患者さんは、基本的に毎週火曜日に診察を行いますが、必要に応じて他の日にも診察を行うことがあります。

照射中のみならず照射の前や終わったあとでも、なにか気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

 放射線治療の適応決定


放射線治療専門医が主治医からの情報を基に、放射線治療の適応と当院での治療が可能か検討を行ないます。

より高度な治療が必要な場合は北海道大学病院などへ紹介させていただくことがあります。

 専門医の診察


当院で治療が可能な場合、放射線治療専門医が診察を行ないます。

検査結果を参考にして治療方針(どの部位に、どのくらいの放射線を照射、治療期間)を決定します。



 放射線治療計画


放射線治療開始前に、最適な範囲や照射方向を決めるため、治療計画用のCT撮影を行ないます(通常は、初回診察の後に予定します)。

CT撮影は、実際の照射の時と同じ体位で行ない、治療部位の皮膚に消えにくいインクでしるしをつけます。
頭部や頚部の治療を行なう場合は、固定具のシェルを作成する事があります。
CT画像をもとに放射線治療専門医が患者さんごとの最適な治療計画を作成します。




 放射線の照射


照射は、月曜から金曜まで週5回行ない、1回の治療時間は1部位につき20分~30分です。治療期間は治療内容により変化します。照射計画が決まりましたら、予約時間を看護師・技師にご相談下さい。


放射線の照射による痛みはありません。

治療中は機械が体の回りを回転しますが、身体にふれる事はありません。

治療中は身体を動かさないようにします。

動くと正常部位に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
照射中は、治療室は患者さん一人となりますが、テレビモニターで操作室の技師が常に見ていますのでご安心下さい。


放射線治療専門医が、毎週火曜日と、照射終了日に、診察を行ないます。

照射後に身体に変化があれば気軽に相談下さい。






 経過観察


予定された放射線治療が終了した後は、紹介元の診療科あるいは病院でその後の経過観察を受けていただきます。

放射線治療科への通院の必要はありません。


特徴

特徴

  • 定位放射線治療、画像誘導放射線治療、4D‐CT による呼吸同期法を用いた照射など、高精度な治療法を行っています。
  • 患者さんの負担の少ない短期間での照射を積極的に導入しています。
  • 地域の医療機関とも積極的に連携をとり、気軽に相談も受けています。

たまねぎ通信55号で、放射線治療について特集をしております。
ぜひご覧ください。


がん治療に新たな選択肢
放射線治療


たまねぎ通信 55号(PDF)
2018年5月発行

お知らせ

お知らせ

現在お知らせはありません。

関連リンク

関連リンク

最終更新日:2021年12月