診療科・部門臨床工学部

診療科・部門臨床工学部

部門紹介

部門紹介


特別なお知らせ枠 

医療機器のプロフェッショナル


臨床工学技士は、臨床と工学的知識を有し主として生命維持管理装置の操作及び管理を業務としています。

臨床工学技士の業務は様々な部署に関わり、幅広い医療知識や技術が要求されます。医師はじめ関連職種と協力し、持続的な質の高い、安全な医療提供に努めています。

また、当院では夜勤体制を導入し、24時間院内に臨床工学技士が常駐することで緊急業務に迅速に対応しています。

業務内容

業務内容

血液浄化業務(特殊血液浄化含む)


検体検査

検体検査

血液浄化治療中の機器の安全確認や様々な治療法(O-HDF・i-HDF・アフェレーシス含む)を提供、また直接患者さんに関る業務(穿刺業務)なども行っており、看護師と連携を取りながら安全・安楽な治療を心がけています。

透析室ベッド数は40床、全日2部制で行っており、当院腎外来管理患者さんより毎年約40人程透析導入を受け入れ、透析の原理などの教育も行っています。

各種合併症を有した患者さんも多く、透析中の循環管理や容態の変化に即座に対応すべく、医師・看護師と連携し安全な透析治療を提供しています。

ICU業務(持続的血液浄化療法、各種アフェレーシス治療)


検体検査

検体検査

集中治療室では、重症心不全・敗血症・劇症肝炎・急性重症膵炎などの重症例が多く、持続的腎代替療法(CRRT)や血漿交換(PE)、エンドトキシン吸着法など各症例に適した各種血液浄化療法を併用し治療行っています。

また、重症症例では、補助循環装置(PCPS・IABP)の管理も行っております。

心臓カテーテル業務(虚血治療・不整脈治療・ペースメーカー関連治療・脳血管治療の補助)


検体検査

検体検査

心臓カテーテル検査・治療の介助及び24時間365日待機体制(On-Call体制)で緊急時対応を行っています。

ペースメーカー外来では、植込み術後のフォローを行い、インターネット回線を通じてペースメーカー導入患者さんの情報を

遠隔モニタリング管理も行っています。

手術室支援業務(人工心肺業務、腹腔手術補助、医療機器操作)


検体検査

検体検査

手術室内での内視鏡手術に使用する装置の操作・保守管理などを行い、手術中の医療機器のトラブルに迅速に対応するため手術室複数常駐し医療機器の保守管理を行っております。

また、人工心肺を使用した心臓手術では、専門的知識・技術を持つ臨床工学技士が、他職種と連携して、安全な手術を実施しています。

内視鏡業務(検査・治療補助、消毒装置Fs 関連管理)


検体検査

検体検査

内視鏡室のファイバースコープ及び周辺機器の管理、医師の補助業務、洗浄装置管理を、検査・治療開始から終了まで看護師と連携して行っています。

また、機器故障時対応も検査・治療に影響がないように迅速に対応しています。

ME機器管理業務(中央管理医療機器点検・貸出など)


検体検査

検体検査

院内共同使用できる医療機器を中央管理化、効率的な運用を図り、定期的に保守・点検を施行することにより安全性の維持・向上に努めています。

認定資格

認定資格

職種人数
透析技術認定士8
3学会合同呼吸療法認定士3
体外循環技術認定士2
MDIC(医療機器情報コミュニケーター)2
ITE(Intervention technical Expert)1
医療情報技師1
日本医師会医療安全推進者2

お知らせ

お知らせ

現在お知らせはありません。

最終更新日:2022年6月