診療科・部門回復期リハビリテーション病棟

診療科・部門回復期リハビリテーション病棟

診療科紹介

診療科紹介


特別なお知らせ枠 

回復期リハビリテーション病棟は、現在休止しています。

回復期リハビリテーション病棟は50床で運用されています。

年間入院件数は約400人で、対象疾患は多岐にわたっています。

対象疾患

対象疾患

  • 股関節術後を中心とした整形疾患、脳卒中、認知症、廃用症候群、呼吸器疾患、心疾患など急性期治療後でリハビリテーションを必要とする疾患

回復期リハビリテーション病棟へ入院する対象者は、厚生労働省が疾患などの条件や入院期間を定めており、専門の医師による判断が必要です。

治療・検査

治療・検査

  • 「365日リハビリテーション」(日曜日祝日も休まずリハビリテーションを行なう制度)を実施しています。
  • 対象者は主に亜急性期で、継続したリハビリテーションが必要な方が多く入院しています。
  • 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、栄養士、薬剤師、ケアワーカーが、チームを組み多職種協働で、復帰へ向けた支援を行っています。
  • 退院後の生活に向けて、介護分野ともしっかり連携し、介護認定手続き支援、ケアマネージャーとの連携、在宅カンファレンス、家屋訪問などさまざまな活動に取り組んでいます。

特徴

特徴

  • 「札幌市脳卒中医療連携ネットワーク」に参加しています。

特徴

特徴

  • 「札幌市脳卒中医療連携ネットワーク」に参加しています。

たまねぎ通信55号で、放射線治療について特集をしております。
ぜひご覧ください。


がん治療に新たな選択肢
放射線治療


たまねぎ通信 55号(PDF)
2018年5月発行

お知らせ

お知らせ

研究情報の公開

下記の研究に参加・協力しています。詳細は下記ページをご覧ください。


症例登録事業への参加について


日本脳神経外科学会データベース研究事業(JND)

最終更新日:2021年12月