友の会のご紹介

TOPページ > 友の会のご紹介> 月刊誌 MIN-IREN いつでも元気

月刊誌 MIN-IREN いつでも元気

『いつでも元気』という雑誌は、民医連の月刊誌です。 医療・福祉の話題はもちろん、お料理や旅、海外の情報から有名人まで、内容は盛りだくさん! 民医連らしい視点を大事にした記事を掲載しています。 まずは手にとって! そして、ページをめくって みてください。
1冊380円  毎月1日発行
いつでも元気購読希望の方は、友の会事務局まで。

いつでも元気 読者会が開催されました

 9月23日(金)いつでも元気読者会「健康“腸”寿のはなし」が開催され、35人が参加しました。 講師は中央病院病理科科長の鹿野哲先生で「人間の腸内には善玉・悪玉とよばれる細菌がいて、そのバランスが大切」 「腸は脳より先に形成されていて、ストレスなどの身体症状を正直に表します」などお話しされました。
 参加者からは「やさしい説明と時折の雑談で非常にリラックスして聞けました」「毎日笑って生活ができればいいなあと思いました」など感想が寄せられました。


いつでも元気 最新号

★2017年3月号 NO.305

特集:災害と民医連

けんこう教室:健康で働くために
まちのチカラ:みかんのまちと熊野古道 三重県御浜町

★2017年2月号 NO.304

特集:神社はどうなっている?

けんこう教室:睡眠時無呼吸症候群
まちのチカラ:ツバキの島の神秘を訪ねて 東京都利島村

★2017年1月号 NO.303

特集:人権と社会保障

けんこう教室:胸焼けを感じたら
まちのチカラ:ゆずの香りと森林鉄道 高知県馬路村

★2016年12月号 NO.302

特集:元気な介護職

けんこう教室:食べづらさを感じたら
まちのチカラ:黒駒山麓に広がる赤べごの里 秋田県東成瀬村

2016年10月 NO.300

特集:おかげさまで300号

けんこう教室:お腹が痛いのですが
まちのチカラ:旭岳を望む”写真の町” 北海道東川町