トピックス

TOPページ > トピックス > “新”勤医協中央病院のマークができました

“新”勤医協中央病院のマークができました2013-2-4

マーク

 職員より、新しい病院のマークをつくりたいという声があがり原画を募集しました。

 患者さん、友の会員さん、職員、職員家族など多数の応募の中、近隣保育園の園児の作品を採用し、新病院のサイン・デザイン担当のデザイナーの島津勝弘氏のレタッチで、子どもの自由な発想から湧き上がる、活発で生命力を感じる、色鮮やかな、明るく元気なマークに仕上がりました。

 マークは、「太陽のひかり」、「いのちを育む澄んだ水」、「あざやかな緑」、「こころおどる爽やかな風」、「大地の恵み」、「やさしく可憐な花」、そして中央は「地域が輝く場所」をイメージしています。患者さんを中心としたチーム医療を想像させるデザインで、新中央病院の象徴として使用していきます。

一覧に戻る