消化器外科

TOPページ > 診療科・センター機能 > 外科 > 消化器外科

食道・胃外科の紹介

2012年6月

1982年世界に先駆けて、胃の腫瘍に対する胃カメラによる内視鏡的粘膜切除術(ERHSE)を開発し施行してきました。これまでに日本でもトップクラスの経験数(1,000例以上)と高い成功率(再発0%、出血穿孔数%以下)を誇っています。また傷が小さい手術である腹腔鏡による胃癌の手術も1999年から導入しこれまでに100例近くを経験しており、術後成績も良好です。もちろん通常の開腹外科手術もこれまでに2,000例以上(1982年以降)の実績があります。さらに進行癌や再発癌に対する抗癌剤治療も外来にある癌化学療法室を中心に積極的に行っています。

食道癌に対しても早くから内視鏡による粘膜切除術を導入しており、多数例を経験しています。また内視鏡補助下外科手術も1998年より導入し、これまでに60例以上の実績があります。

担当する外科医チームは日本外科学会指導医、専門医、日本消化器外科学会指導医、認定医、がん治療認定医、日本食道学会食道科認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器内視鏡学会指導医、専門医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、認定医などを習得しており、患者の立場にたった安心安全の医療を最先端の手術手技を駆使しながら診療にあたっています。

また日本食道学会評議員、日本胃癌学会評議員、日本消化器内視鏡学会北海道支部評議員、日本臨床外科学会北海道支部評議員なども務めています、1992年には慶應義塾大学外科に協同研究者として国内留学し食道・胃外科の専門研修も修めました。

大腸肛門外科の紹介

2012年6月

当院の下部消化管(大腸肛門外科)は大腸癌を中心に憩室症、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)などや 痔核(イボ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(穴痔)の3大肛門疾患や直腸脱などの肛門病に対し積極的に治療を行なっています。

手術数は年間を通して大腸肛門疾患は約160例で、腹腔鏡下手術を積極的に行なっております。技術認定医を含むベテランのチームが手術に当たっています。最近では進行がんも進行度によって腹腔鏡下に施行しており、さらに症例数が増加しています。直腸癌に対しては根治性と排尿、性機能温存を追及した自律神経温存術をほぼ全ての症例に施行しています。また数字には含まれていませんが急性虫垂炎は年間50-60例あり、その90%以上を腹腔鏡下に施行しており術後の痛みの軽減、整容性に優れた術式となっています。

研究、学会活動も盛んに行なっており、日本外科学会、消化器外科学会、日本大腸肛門病学会、ストマ排泄リハビリテーション学会の指導医、評議員が在籍し、施設としては大腸癌研究会に所属し研究活動を積極的に行なっております。また日本静脈経腸栄養学会の専門療養士認定教育施設となっており術後の早期経腸栄養を含めた栄養分野にも力を入れています。

患者会の分野ではストーマの患者会である“タンポポ会”があり、定例会、旅行会などを当院スタッフも参加して定期的に開催しています。

肝胆膵外科の紹介

2012年7月

当院での肝胆膵外科領域は、一般消化器外科で身につけるべき腹腔鏡下胆嚢摘出術をはじめさまざまな肝切除、胆道切除・再建、膵頭十二指腸切除や肝門部胆管癌手術など難易度の高い手術まで幅広く行っています。良性疾患では胆石症や良性腫瘍、悪性疾患では肝癌・胆管癌・胆嚢癌・膵癌などを対象に積極的な根治切除を目指しています。さらに各分野で腹腔鏡下手術を取り入れ、手術の完成度と安全性を保ちながら傷を小さくする試みを続けています。大腸癌の肝転移に対しても抗癌剤治療成績の飛躍的な向上に伴い、積極的に肝切除を行う方針で治癒を目指しています。

主な手術の年間平均件数は、腹腔鏡下胆嚢摘出120例、肝切除30例、膵頭十二指腸切除14例です。難易度の高い手術に加えて術後合併症が比較的多い領域ですが、さまざまな工夫により安全な周術期管理を確立しています。

また、専門性の高い領域であるため当院では1年間の国内留学を行い、診断や治療、特に手術手技のレベル向上を図っています。主な研修先は国内有数の東京大学、名古屋大学、東北大学などで日常的に助言を得ながら診療を行っています。2012年より日本肝胆膵外科学会の高度技能専門医修練施設Bの認定を受け、高度技能専門医の育成にも力を入れています。

学術活動・研究業績