心臓血管外科

TOPページ > 診療科・センター機能 > 外科 > 心臓血管外科

診療内容

2021年6月

虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス手術と心臓弁膜症に対する手術、また動脈瘤や閉塞性動脈硬化症などの血管疾患に対する手術を行っています。

治療や検査

  • 冠動脈疾患、心臓弁膜症、大血管疾患に対する心臓大血管手術
  • 胸部および腹部大動脈瘤に対するステントグラフト手術
  • 下肢閉塞性動脈硬化症や静脈瘤などの末梢血管手術
  • 透析内シャント作成手術

特徴

80歳以上の高齢者や腎不全・呼吸不全などの合併症を持つ方にも、循環器内科医師と協力し診断から手術治療、全身管理まで総合的な診療を行っています。

たまねぎ通信36号で、心臓血管センターについて特集しています。
カテーテルを使った最新医療で治す循環器疾患-心臓血管センター
ぜひご覧ください。
たまねぎ通信 36号 2016年2月発行

診療実績

手術実績(1-12月) 2018年 2019年 2020年
心臓・胸部大血管
 人工心肺下開心術(CPB) 32 30 25
 心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB) 19 16 6
 胸部大動脈ステンドグラフト治療(TEVER) 2
腹部大動脈瘤
 OPEN 16 11 13
 ステントグラフト 13 9 8
末梢血管(内シャント、ASO、静脈瘤など) 64 78 73

学術活動・研究業績