整形外科-主な手術治療-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 整形外科 > 主な手術治療 > 人工肩関節全置換術

主な手術の紹介

人工肩関節置換術 / Total Shoulder Arthroplasty (TSA)

標準的入院期間 3週間

 人工肩関節置換術は腱板機能が保たれている変形性肩関節症、リウマチ性肩関節症などに適応があります。人工骨頭置換術は主に腱板断裂関節症や腱板機能不全を伴う変形性肩関節症・リウマチ性肩関節症、上腕骨近位端粉砕骨折などに対して行われる治療法です。傷んだ関節部分を切除して人工物に取り替える事で痛みを和らげることができます。ひとりひとりの病態が異なるため、術後の関節の動きについては改善度に違いがあります。

人工肩関節

 手術時間は通常2~3時間程度となります。肩前面に8-12cm程の切開をして行います。人工関節置換術は肩甲骨・上腕骨とも人工物に入れ替えをします。それに対し人工骨頭置換術は上腕骨のみを人工関節に入れ替えます。術後は翌日から三角巾とし、歩行は可能となります。また、関節の動きを広げるために可動域訓練を早期から始めます。術前の状態により個人差はありますが、術後2-3週の時点で軽い日常生活動作は可能となります。その後徐々に筋力訓練を始めていきます。

 術後は長い経過で人工関節のゆるみが生じることがあります。そのため、定期的な診察が必要となります。