整形外科-主な手術治療-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 整形外科 > 主な手術治療 > 人工股関節全置換術

主な手術の紹介

人工股関節全置換術 / Total Hip Arthroplasty (THA)

標準的入院期間 4週間

 変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、リウマチ性股関節症などに対する治療法です。これらの病気で股関節の軟骨が摩耗消失し、あるいは骨が変形したために、股関節が痛くて不自由なときの治療法です。痛みや不自由が速やかに、比較的確実に改善するのが利点です。傷んで変形した関節を金属やポリエチレン、セラミックなどの人工関節部品に置き換えます。

 切開は8-12cmのMIS(最少侵襲手術)で、手術翌日から起立歩行訓練を開始します。2ないし4週間で杖歩行・階段昇降が可能となって退院です。
 当「運動器リウマチセンター」は内科医(リウマチ膠原病内科)と整形外科が協働するセンターです。リウマチや透析その他の内科的合併症をお持ちで、整形外科単科のクリニックでは困難な患者さまでも手術可能です。また回復期リハビリ病棟がありますので、むやみな早期退院でもありません。
 人工股関節術後は、股関節機能全廃での身体障害4級が認定されます。ご希望の場合は医療福祉相談員にお申し出ください。
 医療費の自己負担額は限度額適用認定証を用いた場合で10万円(非課税世帯は3.5万円)です。詳しくはこちらをご参照ください。