整形外科-主な手術治療-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 整形外科 > 主な手術の紹介 > 鏡視下腱板縫合術

主な手術の紹介

腰椎棘突起縦割式椎弓切除術

 腰部脊柱管狭窄症に対する手術法です。腰部脊柱管狭窄症とは腰の部分で神経がくびられて、足のしびれ・痛み・歩行障害などが起こる病気で、薬の効果がなければ背骨の一部(椎弓)を削って脊柱管を拡げる腰椎椎弓切除術を行います。
 通常の腰椎椎弓切除術では腰の筋肉を骨からはがすため、腰の筋力が低下したり、腰痛が残ったりすることがあります。

 当院では、腰の筋肉をできる限り温存する手術「腰椎棘突起縦割式椎弓切除術」を行っております(図1)。棘突起に付着する筋肉や靭帯をはがさないで棘突起を縦割するため、筋肉の損傷が最小限に抑えられ、さらに筋肉に分布する神経や血管の損傷を少なくできます。
 この手術法では、従来と比べて術後の痛みが少なく、腰の筋力は保たれるので、患者さんにとって有益な方法と考えています。

図1 腰椎棘突起縦割式椎弓切除術