整形外科-主な手術治療-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 整形外科 > 主な手術の紹介 > 鏡視下腱板縫合術

主な手術の紹介

鏡視下腱板縫合術 / arthroscopic rotator cuff repair(ARCR)

標準的入院期間 2~4週間

 腱板断裂(完全断裂・不全断裂)に対する治療法です。切れてしまった腱板は自然には戻らないため、手術的に縫合して治療します。

 手術は全身麻酔で行い、通常1~2時間で終了しますが個々の状態により異なります。多くの例で1㎝弱の傷4-5ヶ所で行うことができます。当院では金属製のアンカーを用いたsuture bridge(スーチャーブリッジ)法を主に採用しています。縫った腱板断端を広く骨に圧着できる事が利点です。(断裂形態によってはsingle row法、double row法という他の方法も使用します)

 術後の後療法については、腱板断裂の形態やサイズ、残存している腱板の状態によって縫合部の修復状況が変わるため個々の患者様によって異なります。腱板の断裂が小さく、縫合部の緊張が強くない例では術後アームスリングによる固定となりますが、中等度以上の断裂では縫合部の緊張を和らげるために外転装具を使用します。縫合した腱板と骨が安定してくるまでは一定の期間がかかります。基本的に術後4-6週は自分で腕を上に挙げる動作(自動挙上運動)は行なわず、その他のリハビリを中心に行います。術後2-3ヶ月で日常生活動作の多くが可能となり、肉体労働やスポーツへの復帰には術後4-6ヶ月の期間を目標とします。