総合診療センター-スタッフ紹介-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 総合診療センター > 総合診療科 > GPMECスタッフ紹介

北海道勤医協 総合診療・家庭医療・医学教育センター(GPMEC)
(General Practice and Medical Education Center , Hokkaido Min-iren)

勤医協中央病院 総合診療科

勤医協札幌病院

勤医協家庭医療センター/くろまつないブナの森診療所(黒松内町国民健康保険診療所)

勤医協月寒ファミリークリニック

勤医協余市診療所

勤医協小樽診療所

勤医協老人保健施設柏ヶ丘

道東勤医協釧路協立病院

道南勤医協函館稜北病院

出向研修(倶知安厚生病院)

臺野 巧(だいの たくみ)

出身学校・略歴
札幌医科大学 1993年卒業
1993年 4月 札幌医科大学脳神経外科学講座入局
          札幌医科大学大学院博士課程入学
1997年 3月 札幌医科大学大学院博士課程卒業
1997年 4月 留萌市立総合病院脳神経外科勤務
1999年 4月 白石脳神経外科病院勤務
1999年 8月 日本脳神経外科学会認定専門医取得
2000年 4月 帯広脳神経外科病院勤務
2003年12月 札幌医科大学地域医療総合医学講座所属
2004年11月 北海道勤医協中央病院勤務
現在に至る
学会・委員会活動
・所属学会・委員会
 日本プライマリ・ケア連合学会
  (プログラム運営FD委員会 北海道ブロック支部副支部長)
 日本医学教育学会(代議員)
 日本脳神経外科学会
 総合診療医養成協議会(北海道)
・資格
 初期臨床研修指導医
 プライマリ・ケア認定医
 家庭医療指導医
 日本内科学会総合内科専門医
 脳神経外科専門医
・受講歴
 指導医講習会
 プログラム責任者養成講習会
 第2回医学教育専門家養成トライアルコース
趣味
旅行、ギター演奏
研修PR

私たち総合診療センターは、初期研修の総合診療病棟研修やERでの研修医指導、臓器別専門医後期研修に入る前の1-2年の総合内科研修、臓器別専門科から総合医・家庭医を目指す方への2年間の研修、そして日本プライマリ・ケア連合学会の家庭医療専門医を取得するための家庭医・総合医後期研修プログラムなどのさまざまな研修プログラムを運営しています。

それぞれのプログラムの中に、最新の医学教育手法を取り入れており、Significant Event Analysis(SEA)・mini Clinical Evaluation Exercise(mini-CEX)・ポートフォリオ評価などを導入しています。また、すべてのプログラムをアウトカム基盤型カリキュラムに移行する試みを開始しています。初期・後期問わず、研修に来る方をお待ちしております。

われわれ総合診療センターは、総合診療センター病棟という独立したひとつの病棟を持っていて、この病棟で一年間診療すれば内科認定医や内科専門医受験のためにのレポートに全く困らない程度の幅広い疾患を経験することが出来ます。臨床倫理4分割カンファレンスなど看護師・多職種との連携に重点をおいた診療・教育(Interprofessional education, IPE)を行っていることも特徴です。

今後は、病棟での総合内科診療に加えて、救急診療部(ER)部門との連携をさらに深めていく方針です。現在でも、常に総合診療センターの指導医がERで研修指導にあたっていますが、さらにスタッフ医師で計画的にJATECを取得して、外傷スキルも高めていく予定です。ウォークインから救急車まで、北米ER型救急に興味がある方にも是非来ていただきたいと考えています。

その他にも感染症診療、在宅診療、褥瘡診療の中心を担っているので、幅広い分野・フィールドでの研修が可能です。

自己PR

私は大学を卒業後、札幌医科大学脳神経外科学講座に入局し、specialistとしての道を歩んできました。しかし、専門医療の矛盾を感じgeneralistを目指すことにしたのが卒後11年目のことでした。今は非常にやりがいを持っています。将来のことについて何となく閉塞感があった専門医時代に比べ、今は開放感があります。この道を目指して本当に良かったと思っています。よく若い先生や学生さんに「専門を持ったほうが良いですか?」と聞かれますが、まず「総合医・家庭医」がひとつの専門であることを理解していただきたいと思います。それと、「総合医・家庭医」は各臓器別専門科をローテーションすれば出来るというものではない、ということも重要です。専門医を取得してからでも遅くはないのですが、Generalな基盤を後期研修でしっかり土台を作ってから、special interestとして得意分野を作るのとでは、大きな違いがあると思っています。若いDrには、是非後期研修でGeneralistとしての確固たる基盤を作ってもらいたいと思います。全力でそのお手伝いをさせていただきます。

今私は医学教育に興味を持っています。若いDrがしっかり初期・後期研修できるようなシステム作りに力を入れており、少しずつ形が出来てきています。一人でも多くの方が当院の総合診療センターを訪ねていただければと思っています。

得意分野:かぜ症候群、プライマリケアの精神疾患、睡眠障害、脳血管障害、めまい、医学教育など

松浦 武志(まつうら たけし)

出身学校・略歴
1975年 愛知県清須市出身
2001年 名古屋市立大学医学部卒業
北海道勤医協中央病院   初期研修医
道東勤医協釧路協立病院  内科
上砂川診療所         所長
北海道勤医協中央病院   総合診療部
札幌医科大学         地域医療総合医学講座 助教
北海道勤医協中央病院   総合診療センター 副センター長
北海道勤医協中央病院   総合診療センター センター長

所属学会
日本医学教育学会
日本内科学会 総合内科専門医 指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医 指導医
日本糖尿病学会
研修PR

初期研修
 将来どの科に進むにしても、医師として必ず身につけておかなければならない基本的な知識・技術・態度を研修できるようプログラムを組んでいます。
 日常よくある疾患を多数経験できるだけでなく、周辺医療機関で診断治療に苦慮する疾患の紹介にも可能な限り対応しており、初期研修医としての経験症例に偏り、過不足はほとんどないと思います。 また、症例の経験だけでなく医師として必要な態度についての教育にも力を入れており、そのための教育技法などの学習もしています。
 当院では全科を挙げて研修が実のあるものにするように努力しています。今年度から初期研修プログラム責任者に就任し、日夜より良いプログラムのために努力をしています。
 昨年度、卒後臨床研修評価機構の審査を受け4年間の認定を受けました。

後期研修
 日本プライマリ・ケア連合学会の定める家庭医療専門医や日本内科学会の定める総合内科専門医のための後期研修プログラムを運営しています。
 新専門医制度では新設された総合診療専門医や内科専門医の後期研修プログラムを運営する予定です。
 後期研修では自ら症例を通して学ぶ事が大切ですので、症例をより深めるカンファレンスを充実させています。「学び方」の教育を中心に行っています。 また、症例を通してだけでなく後輩を教えることを通して自らを高めていくことも非常に大切です。総合診療センターでは、後期研修医は初期研修医の良き指導医となるよう、教育技法についての学習会なども積極的に行っています。

自己PR・最後にひとこと

 愛知出身・愛知育ちですが、「北海道に住みたい」という希望を叶えるため大学卒業後北海道に移住しました。並みの道民よりも北海道は詳しいです。
 山登り・キャンプ・サイクリングなどアウトドアスポーツをするのにはホント北海道は素晴らしい環境ですね。最近は忙しくなかなかまとまった時間が取れませんが、 機会を見つけて出かけるようにしています。冬にスパイクタイヤ装備のマウンテンバイクでアイスバーンを疾走するのにはまっています。毎日の通勤が苦行でもあり楽しみでもあり、、吹雪などで遅刻しないように頑張っています。

和田 耕一(わだ こういち)

出身学校・略歴
総合診療センター 後期研修医
札幌北高校 2002年卒業
札幌医科大学 2008年卒業
2008年 4月 北海道勤医協中央病院 初期研修
2010年 4月  同 後期研修開始
2016年 3月 JPCA認定家庭医療後期研修修了
2017年 7月 北海道勤医協中央病院 総合診療副センター長
現在に至る
所属学会
日本内科学会、日本循環器学会、日本プライマリ・ケア連合学会、医学教育学会
趣味
マンガ読書、甘味(和・洋どちらも)、猫と遊ぶこと
研修PR・自己PR
私は現在、とても楽しく医者をやっています。
総合診療センターでは、やる気に満ちた同僚に囲まれ、教育への情熱を熱く燃えたぎらせる指導医の下で、看護スタッフやMSW、セラピストなどコメディカルとともに日々診療にあたっています。また、学生実習を多く受け入れており、初期研修の段階から「指導」する機会を多く与えられます。成人教育理論やプレゼンテーション 技法など、医学以外の部分も学ぶ事が多く、将来教育に力を入れたいと考えている人にも最適な環境です。

総合診療センター以外の専門分野でも、プロ意識が高くなおかつ総合性も兼ね備えた素晴らしいスペシャリストがそろっており、質の高い初期研修を行う事が出来ます。
最後にひとこと
総合って何をするところ?と良く聞かれます。明確な答えは自分にはまだありませんが、今は患者さんや地域が求めている事をやっています。
興味のある方、是非一緒に考えていきましょう。よろしくお願いします。

尾形 和泰(おがた かずひろ)

準備中

佐藤 健太(さとう けんた)

出身学校・略歴
2005年 3月 東北大学医学部卒業
2005年 4月 北海道勤医協中央病院 初期研修
2007年 4月 北海道勤医協中央病院 総合医・家庭医コース 後期研修医

 2007年 4月 北海道勤医協中央病院 総合診療部所属
 2008年 1月 北海道勤医協中央病院 救急診療部 指導医
 2008年10月 道北勤医協 一条通病院 内科所属
 2009年 4月 東京慈恵医科大学 教育センター
           「プライマリケア現場の臨床研究者育成」プログラム研修生
 2009年10月 北海道勤医協 札幌病院 小児科研修
 2010年 1月 医療福祉生協連 家庭医療学開発センター(CFMD)
           家庭医療・医学教育研修
 2010年 4月 道東勤医協 釧路協立病院 内科医長

2011年 4月 北海道勤医協 総合診療・家庭医療・医学教育センター(GPMEC)スタッフ
 2011年 4月 北海道勤医協 中央病院 救急診療部スタッフ・研修医指導担当
 2011年 7月 北海道勤医協 札幌病院  内科医長
 2011年 7月 札幌医科大学 地域医療総合医学講座 非常勤講師
           (学部5年生 地域実習振り返りのファシリテーターとして)
 2011年10月 道南勤医協 稜北病院
          「プライマリケア医のための北海道リハビリテーションフェローシップ」
          遠隔講習フェロー
 2011年10月 日本リハビリテーション栄養研究会 北海道支部 メンバー
 2012年 4月 一般社団法人 Medical Studio 理事、メンター
 2012年 8月 家庭医・病院総合医教育研究会
           (Consortium for Education of Generalist)協力委員
 2014年 4月 北海道勤医協 札幌病院 内科副科長

 2016年 4月 北海道勤医協 札幌病院 副院長
現在に至る
肩書
日本プライマリケア連合学会(JPCA)
 家庭医療専門医・指導医
 若手医師部会第4期執行部(2011年2月~2013年2月)
 若手ジェネラリスト80大学行脚プロジェクト北海道ブロック担当
                      (2011年5月~2012年12月)
 ICT委員会(Information and Communication Technology) 委員
                               (2012年9月~)
 学会のあり方・知的活性化プロジェクトチーム メンバー
                       (2012年9月~2014年6月)
 病院総合医委員会 委員(2014年7月~)
 北海道ブロック支部 北海道ブロック代議員(2014年~15年度)
 第5回学術大会 日野原賞(若手研究者のための学会賞) 受賞(2014年5月)

日本内科学会
 認定内科医

日本リハビリテーション医学会
 学会員、認定臨床医受験予定
 北海道リハビリテーションフェローシップ フェロー

家庭医・病院総合医教育研究会
      (Consortium for Education of Generalist)協力委員
南山堂 雑誌「治療」編集委員(2014年~)

研修PR
 地域医療・プライマリケアを実践するために最適な、広大な北海道全土に点在する最高のフィールドと、モチベーションの高いスタッフ、そして医学教育理論をベースにITも駆使した研修環境が整備されています。院内の多彩な学習会やカンファレンスだけでなく、学会・セミナーなどへの参加を積極的に促し、他流試合の機会も与えられます。
 「勤医協の研修医たるものかくあるべし!」ではなく、研修医のニーズやキャラクターと地域のニーズをすり合わせて最適な研修スタイルを一緒に考えていきます。やりたいことがはっきりしている人や変わり者、まだ自分探しの真っ最中の人も大歓迎です!
自己PR
  総合内科・家庭医療をベースに、急性期内科病棟・ICU・ERや、亜急性期・リハビリ、在宅ケア、緩和ケアなど幅広くこなします。医学教育や他職種協働に感心があり、プライマリケア現場で行う臨床研究にも関わっています。
 現在は地域密着型中小病院の勤医協札幌病院に勤務し、「外来や地域で、他職種や患者とともに学ぶ地域医療」と「行き場を失った心理社会的な問題を抱えた患者や、複雑な問題や障害を抱えた高齢者の最後の砦としての診療」に力を入れていて、学生から研修医までいつでも見学を受け入れています。

 今まで医師として、教育者として、研究者としてのキャリア詳細はこちらのページを御覧ください。(http://blog.livedoor.jp/gp_ken-career/

 また、ブログで日々の診療や学びの振り返り、イベントの報告などもしていますので、興味のある方は御覧ください。(http://blog.livedoor.jp/gp_ken/

 どんなタイプの研修医でも絶対に飽きさせませんので、是非一緒に働きましょう!

 新しいことや困難なことを乗り越えることにモチベーションが上がるタイプです。一緒に熱くなってくれる人や、冷静に、もしくは暖かくそばで支えてくれる人など、優秀な右腕や信頼できる仲間を大募集しています。
最後にひとこと
 日本の家庭医療・総合診療や医学教育の現状をひっくり返してやろう!!という野心のある方大募集です。
 また一方で、体力・気力に自信がないのが自慢なので、体が弱い方や家庭の事情などでフルタイム勤務出来ない方向けにも「ゆったりしっかり研修プログラム 彩」という研修コースを用意しています。どうぞ気軽にご連絡ください。まずは見学から。

大久保 彩織(おおくぼ さおり)

出身学校・略歴
北海道北見市留辺蘂町出身
北見市立北見北斗高校 2002年卒業
札幌医科大学医学部医学科 2008年卒業
2008年 4月 北海道勤医協中央病院 初期研修
2009年 8月 妊娠 初期研修継続・終了 2010年2月 産休
2010年 3月 同い年の精神科医の夫の転勤にて帯広へ転居
2010年 4月 第一子 長女を出産 産休・育休
2011年 4月 十勝勤医協帯広病院にて復帰、GPMEC家庭医コース 後期研修をスタート
2013年 3月 夫の転勤にて再度札幌へ転居
2013年 4月 勤医協札幌病院にて 後期研修継続
2013年 8月より第二子出産のため産休・育休中
2014年 9月 勤医協札幌病院にて後期研修継続再開
2016年 3月 JPCA認定家庭医療後期研修修了
現在に至る
所属学会
日本プライマリ・ケア連合学会
趣味
もの作り、手しごと、音楽(ピアノ・パーカッション・合唱)
研修PR
 私が当院での初期研修を選んだのは、医師とスタッフがみな、とてもフラットな関係で、より良い医療をもとめてカンファレンスをしている姿が、とても「当たり前のこと」と思い、自分にとって「当たり前のことを当たり前にできる環境」で働きたいと思ったからです。また体力に自信のなかった自分にとって、ここでなら自分のペースでゆっくりとでもしっかりと学んでいけると感じたからです。自分の誠意に正直に、そして笑顔を保てる労働環境で働くことができるというのはとても幸せなことだと感謝しています。
 更に女性医師は特に、妊娠・出産・子育ての時期が、研修期間と並行して訪れることが考えられ、当院では個別のケースに併せて、希望や体調と相談しながら研修を続けることができます。後期研修のプログラムの中でも柔軟に対応していただき、全道に関連病院があると言う利点も活かし、夫の転勤なども考慮して、研修を継続することができるのは大変ありがたいことです。
自己PR
 私は未熟児で生まれ、病弱で、とても医療のお世話になって生きてきました。そのため幼い頃から自分の経験も活かして医師になりたいと夢に描いてきました。想い続けた医師には幸運にもなることができました。そしてその描いていた医師像はとても「家庭医」に近いものだと感じるようになり、今は家庭医の勉強をしています。医師の勉強は一生尽きることはなく、大変でもあり、それが魅力でもあると思います。毎日が精一杯ですが、少しでもお役に立てたり、感謝してもらえることを仕事にできるということはありがたく、やりがいを感じています。
 そして、もうひとつ、結婚し、母になるという夢も叶えることができました。医師としての目標や夢と並行することは大変なことではありますが、大きな成長にも繋がると信じています。愛する家族がいるというのは「安らぎ」はもちろん「強さ」にもなっていると日々感じています。
最後にひとこと
 「こんなちっこくて体力なさそうな人でも、医師としての成長もできるし、子育てとの両立だって何とかなるんだ。」そんな風に、ちょっと「ほっ」と安心してもらえる存在になれたらいいなと思っています。
 自分が幸せで笑顔でいられるということが、患者さんの幸せを心から願い、集中して仕事をするには欠かせないと思っています。一緒に笑顔で働きましょう(^ー^)

寺田 豊(てらだ ゆたか)

出身学校・略歴
札幌医科大学 2002年卒業
2002年 4月 勤医協中央病院初期研修医
2004年 4月 道東勤医協桜ヶ岡医院 院長
2005年 4月 町立厚岸病院 院長代理(6月より)
2008年 6月 札幌医科大学地域医療総合医学講座 助教
2011年 4月 北海道勤医協月寒ファミリークリニック 家庭医療センター長
2014年 4月 勤医協黒松内診療所所長 家庭医療センター長
2016年 4月 黒松内町国保診療所所長 家庭医療センター長
2017年 4月 家庭医療センター長
現在に至る
所属学会
日本内科学会 認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医
日本医学教育学会
日本在宅医学会
日本ルーラルナーシング学会
趣味
テニス、カヌー、ガーデニング
研修PR
北海道勤医協家庭医療センターのモデルクリニックである月寒ファミリークリニックでは
A:Family clinic constructive model center
  ・モデルファミリークリニックを月寒で開設
  ・今までの医療機能を継承し更なる発展を目指す
  ・外来機能を特化(家族外来、ナラティブ外来など)
B:Rework center
  ・再研修プログラムの充実を図る
  ・IPE、IPW(多職種連携、多くのスタッフとの連携)
C:Integrated Healthcare Network center
  ・多様な医療,福祉サービスを提供する統合医療ネットワーク
D:Study and research center
  ・家庭医療学
  ・地域医療学
  ・医療経営学
  ・海外留学
  ・研究指導スタッフ
E:Community work project center
  ・北海道の地域医療の為のプロジェクトセンターとして
以上の方略を踏まえて3つの「つながり」を大事にした研修を実践していきます。
自己PR
楽しくなければ、何事も続けていくことは出来ません。持続可能な取り組みが重要だと思って、今まで地域医療、家庭医療に携わってきました。ガーデニングと同様に、楽しく未来の想像可能な『夢』を一緒に語り、作っていきたいと思います。
今月寒ファミリークリニックでは、様々な取り組みを始めています。
HP:http://www.kin-tsukisamu-fc.jp/
ブログ:http://www.kin-tsukisamu-fc.jp/blog/blog03.html
に情報発信しています。ぜひご覧ください!

勝田 琴絵(かつた ことえ)

出身学校・略歴
遺愛女子高等学校 2005年卒業
札幌医科大学 2011年卒業
2011年 4月 勤医協中央病院 初期研修開始
2013年 4月 勤医協札幌病院 GPMEC家庭医総合医コース 後期研修医
2014年 4月 道東勤医協釧路協立病院
2015年 4月 勤医協札幌病院
2015年 10月 勤医協芦別平和診療所所長
2016年 3月 JPCA認定家庭医療後期研修修了
2016年 4月 黒松内町国保診療所副所長
2017年 4月 黒松内町国保くろまつないブナの森診療所 所長
現在に至る
所属学会
日本プライマリ・ケア連合学会、日本内科学会
趣味
ソフトボール、ソフトテニス、ドライブ(初心者ですが。)
研修PR・自己PR
 私は初期研修からこの病院と先輩方にお世話になっています。一番大切にしていることは毎日笑って楽しんで仕事をすることです。研修医なのだからもっと苦労をしてつらい思いをしなければ成長できないのかと思っていましたが、そうではないようです(もちろん辛い時こそ成長しますが、それは探さなくても経験出来ます)。マイペースで、なかなかすぐに手や身体が動かず、たくさん数をこなすのは苦手なタイプの私でも、2年間の初期研修で医師として必要な知識や技術は自然と身につきましたし、それ以上に、大切なこともたくさん経験することができました。それは仲間と協力し合うこと、真摯に問題に向き合うこと、感謝することです。そして、2年間で家庭医という目標を見つけることができ、自分にあった学び方で、今まさに成長中です(たぶん)。
最後にひとこと
 自分のいいところを知りたい、本当にやりたいことを見つけたい方はぜひ一緒に研修しましょう!!

塩原 康弘(しおばら やすひろ)

出身学校・略歴
2005年 3月 北海道大学卒業
2005年 4月 勤医協中央病院にて初期研修開始
2007年 4月 勤医協中央病院/札幌病院家庭医・総合医後期研修プログラムに入り、勤医協札幌病院にて後期研修開始
2008年 4月 勤医協札幌病院にて小児科研修
2008年 7月 勤医協札幌西区病院
2009年 4月 道北勤医協宗谷医院にて診療所研修
2011年 4月 勤医協中央病院 総合診療センター勤務
2012年 6月 生協浮間診療所
2012年 9月 勤医協中央病院 総合診療センター勤務
2014年 4月 勤医協家庭医療センター 月寒ファミリークリニック院長
現在に至る
所属学会
日本プライマリケア連合学会  家庭医療専門医・指導医
日本内科学会
趣味
こどもと遊ぶこと
研修PR
 自由度が高く、自分の志向に合わせていろいろ選択でき、ないものは作ることができるのが最大の魅力だと思います。多職種合同でのカンファレンスや学習会も多く、みんなで育てあい・育ちあう文化が歴史的に形成されているのも魅力です。道内各地に診療所があり、さまざまなフィールドでさまざまなことを実践することもできます。
自己PR
 ON/OFFはわりときっちりつけています。OFFタイムは、ただの親ばかです。ONタイムは、さまざまな業務と並行して、学ばなくてはいけないことがまだまだたくさんあると実感しています。かなりマイペースで、目標をがっちり固めてそれに向かって遮二無二励むタイプではないので、成長はゆっくりだと思いますが、それでも着実に成長し続けられるかなと思っています。気がつけば後輩が続々と入ってきており、教育にも力を入れるべく指導力も身につけようと勉強中です。

瀬野尾 智哉(せのお ともや)

出身学校・略歴
2007年 3月 旭川医科大学医学部医学科卒業
2007年 4月 勤医協中央病院初期研修開始
2009年 4月 北海道勤医協中央病院 総合医・家庭医コース 後期研修医
          勤医協中央病院
          勤医協札幌病院
          道東勤医協釧路協立病院
          岡山県奈義ファミリークリニック
          健育会西伊豆病院
          勤医協余市診療所
2012年 7月 勤医協余市診療所 所長
現在に至る
所属学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本内科学会 認定内科医
日本プライマリ・ケア連合学会 認定家庭医療専門医
趣味
読書、音楽鑑賞、子育て、スポーツ
研修PR
 あなたは将来どんな医師になりたいですか?
 医師免許をとった以上あなたは医師なのです。どんな医師でも医師としての知識・技術・態度は最低限持っておくべきです。勤医協中央病院の初期研修はそのような医師として身につけておくべき素養を2年間でしっかり身につけることができます。私は学生の頃当院の実習に4日間入りましたが、そこでの4日間は大学で1ヶ月以上実習をしても学べないほど内容の濃いものでした。指導医はとても教育熱心でいろいろなことを教えてくれます。またそれぞれの研修医のニーズに応じて研修内容の調整が可能です。ぜひ一度見学に来てください!
自己PR
 家庭医に興味のある人はぜひ勤医協余市診療所へ!果物と漁業がさかんな余市町で地域の人たちと一体になって学ぶことができます。都会では学べない、地域だからこそ学べる医療がここにあります。内科疾患だけでなく整形疾患や小児疾患も経験可能です。ぜひ一度見学にお越しください。ホームページではブログもアップしておりますのでそちらも御覧ください。http://www.kin-ikyo.or.jp/clinic/yoichi/
最後にひとこと
 家庭医を目指す君!一緒に勉強しましょう!お待ちしてます!

濱野 貴通 (はまの たかゆき)

出身学校・略歴
山口県下関市出身
2005年 3月 旭川医科大学医学部医学科卒業
2005年 4月 帯広厚生病院初期研修医
2006年 4月 北大病院初期研修医
2007年 4月 釧路赤十字病院小児科
2008年 4月 帯広協会病院小児科
2008年 9月 市立札幌病院小児科
2010年 4月 勤医協中央病院 総合診療センター
2013年 4月 勤医協月寒ファミリークリニック 副院長
2014年 4月 勤医協余市診療所 副所長
2015年 4月 勤医協小樽診療所 副所長
2017年 4月 勤医協小樽診療所 所長
現在に至る
所属学会
日本内科学会認定内科医
日本小児科学会専門医
日本プライマリケア連合学会  家庭医療専門医
日本在宅医学会
趣味
子育て、音楽(フォークギター、ピアノ)、釣り(超初心者)
研修PR・自己PR
私は卒業前、自分の将来の専門科を考えたとき、「医学部で学んだこと全体を使っていける科」かつ「内科系」を希望していました。その頃、まだ「総合医療」「家庭医療」といった考えは日本中で主流とされておらず、全身を診るという点からも小児科を選択し、初期研修後の3年間勉強しました。しかしその中で、成人のこともいつかは勉強したいという思いがありました。   小児科としての後期研修医が終了する前、自分の将来を模索していたところ、この病院のホームページに出会いました。自分が卒業する頃よりもずっと進んだ総合診療という考えがそこにあり、この世界へ飛び込みました。   当院の研修指導については、ほぼ全ての指導医が診療所所長を経験されており、先生方のご指導は視点が広く非常に学びが多いです。また、症例数も豊富で現在内科をはじめて1年足らずですが、すでに多岐に渡る疾患を経験させていただいています。これから初期研修病院を選んでいく学生の皆さん、初期研修を終了して更に総合力を身につけたい先生方、専門科を持ちつつ内科を総合的に学びたい先生方にとっては、非常に満足のいく研修生活を送ることができる病院だと思います。
最後にひとこと
総合診療に興味のある先生方、ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしております。

泉 京子(いずみ きょうこ)

出身学校・略歴
2004年 3月 旭川医科大学医学部卒業
2004年 4月 室蘭 カレスアライアンス日鋼記念病院 初期研修
2006年 4月 北海道家庭医療学センター 家庭医後期研修医
          更別村国民保健診療所 礼文町船泊国民保健診療所
          沖縄北中城病院 室蘭本輪西診療所
2008年 4月 北海道勤医協中央病院 総合診療部
2011年 4月 勤医協家庭医療センター 月寒ファミリークリニック院長
2014年 4月 勤医協家庭医療センター 月寒ファミリークリニック
2016年 4月 勤医協家庭医療センター副センター長 勤医協老健柏ケ丘施設長
現在に至る
所属学会
日本プライマリ・ケア連合学会  家庭医療専門医・指導医
日本内科学会
日本医学教育学会
在宅医療学会
趣味
テニス、マラソン、ギター、たまに絵画、合唱
研修PR
地域で患者、家族を支える家庭医になりたく、初期研修を終了後、地域で外来、訪問診療を中心に家庭医の後期研修を行いました。都会の診療所、地方の診療所、道外や離島といろいろな地域での診療を経験し、たくさんの患者、家族に出会い、そして医療、介護に携わる方々とチームで診療にあたりました。更に地域で患者、家族を支えるために病棟での知識が必要と感じるようになり、その時に研修を受けてくれたのが勤医協中央病院でした。総合診療病棟は多職種とのチーム医療を重視し、また医療だけでなく患者家族の生活にも視点を当て、まさに総合的なアプローチを行う病棟です。自分の無かった視点を養うことができ、自分にとって非常に大きな実のある研修でしたで。総合診療病棟を中心に、診療所で必要な小児科、緩和、救急のローテーション、内視鏡の実践、そして研修医の指導の機会を与えていただきました。自分のニーズに合わせた研修ができ、さらにそれを生かせるフィールドがあるのが魅力の研修プログラムです。病棟研修終了後は診療所で実践中です!!
自己PR
小さいときに家族ぐるみでかかっていた診療所がある。あの当時珍しい女医さん(もうすでにおばあちゃん先生)で、よく怒られた思い出が残っている。でも何かあったら頼りにし、そしてそれにいつも応えてくれた。風邪を引いたときも、いぼとりも予防接種も全部やってくれた。私も、兄も、両親も祖母も家族ぐるみでその先生に診てもらっていた。思えば薬の調合も訪問診療も一人でやっていた。あの古い診療所、今はもうないけれどたぶんそこが私の原点なんだと思う。あの先生のように、地域に根ざした医療をしたいと思う。
最後にひとこと
家庭医療、地域医療の興味がある方、何だろうと思っている方、是非実習、研修に来てください。
月寒ファミリークリニックのHPは:http://www.kin-tsukisamu-fc.jp/

川口 篤也(かわぐち あつや)

出身学校・略歴
北海道大学 2003年卒業
2003年 4月 勤医協中央病院初期研修医
2005年 4月 勤医協苫小牧病院 内科
2006年 4月 釧路協立病院 内科
2008年 4月 勤医協中央病院 総合診療センター
2012年10月 東京医療センター総合内科
2013年 4月 勤医協中央病院 総合診療センター
2016年 4月 函館稜北病院 総合診療科
現在に至る

所属学会
日本内科学会総合内科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 コンピテンシー・知的活性化プロジェクトメンバー
日本在宅医学会 ものがたり在宅フェローシップ フェロー
日本感染症学会認定ICD
北海道IDATEN クリニカルカンファレンス 世話人
北海道GIMカンファレンス 世話人
Care Do 北海道 実行委員
研修PR

 北海道勤医協での初期研修は、総合診療科と垣根の低い各科専門医のコラボにより多数の症例を経験出来るだけではなく、 じっくりと振り返り、成長できる場が用意されています。専門の事務の元でそれぞれの研修医に合わせたオーダーメードの研修を用意しているので、 北海道1,2を誇る救急車搬送台数による症例の暴露とともに、地域に1-3ヶ月どっぷりつかる研修まで、自分の希望に合わせていろいろな研修を行えるのがメリットです。
 総合診療科後期研修では、大病院の総合病院での総合診療、教育、多職種連携などの経験に加え、全道各地にある地方中規模病院、教育診療所などで様々な研修を受けられます。 そして最大の魅力が、大病院の病院総合医から診療所家庭医が通称二木会と呼ばれる会で、月一回一同に介して一緒に学んでいるところです。 病院総合医も診療所家庭医もお互いのフィールド、考え方を共有してこそ日本型の総合診療専門医のあるべき姿と考え、その多様な交わりを大事に活動しています。 是非明確にこれをやりたいと考えている人も、そして漠然と総合診療医になりたいが自分が何をやりたいのか迷っている人も、 ここにはその答えとなるものがあると思いますので是非一緒に研修しましょう!


自己PR

 半年間北海道を離れて全国行脚した様々な知識、経験、ネットワークと大病院総合診療科で培ったものを活かして、 2016年度から100床以下の函館稜北病院で中規模病院での病院総合医プログラムを開始しました。 在宅専門医とリハビリ指導医のもとで函館におけるケアする社会の実現に向けて微力ながら邁進していきますので興味のある方はお待ちしております。
 函館総合診療研修プログラム Hakodate GP https://www.facebook.com/hakodateGP/


最後にひとこと
 新世界で君を待つ!

後藤 郁美(ごとう いくみ)

出身学校・略歴
北海道斜里郡斜里町出身
北見市立北見北斗高校卒業 1999年卒業
旭川医科大学医学部看護学科 2003年卒業

旭川医科大学医学部医学科 2005年後期編入学
旭川医科大学医学部医学科 2009年卒業
2009年 北海道勤医協中央病院 初期研修
2010年 4月 妊娠し、11月 産休、12月 第1子出産後、産休・育休
2011年 6月 復帰し初期研修再開、8月 終了 9月 旭川へ転居
2012年 9月 道北勤医協一条通病院にて GPMEC家庭医コース 後期研修をスタート
2013年 4月 勤医協札幌病院
2014年 4月 上井草診療所(東京都西部保健生活協同組合)
2017年 4月 柏ケ丘平和通りクリニック 院長
現在に至る
所属学会
日本プライマリ・ケア連合学会
趣味
料理、カメラ、エレクトーン、旅行
研修PR
 初期研修では、手厚い指導体制の元、自分が担当医として責任感をもって研修ができること、診療科をまたぐ幅広い疾患の経験や、専門科の先生の教育的で建設的な指導が受けられること、多職種スタッフ間でも親身に相談に乗ってもらえることなどに魅力を感じ、当院を選びました。
 初期研修中に、妊娠・出産がありましたが、妊娠中や出産後の復帰においても、個別の事情を考慮しながらも、研修時間内はしっかりとした指導を受けることができ、安心して研修を終了できる労働環境・体制であったことは、当院やその関連病院での研修においてさらに自慢できるポイントと言えます。
 後期研修では家庭の事情で旭川の関連病院勤務となりましたが、スカイプを含む指導や疑問点の振り返り、二木会(GPMECの学習会)もあり、地域住民の医学的管理のみならず、健康増進や家族ケア等、後期研修としてさらに家庭医療学的に踏み込んだ内容も学ぶことができています。子育てもまだまだ始まったばかりで、子供の急な発熱で休暇をいただく事もありますが、理解ある上司・同僚、環境にも恵まれ、子育ても楽しみながら、後期研修ライフも楽しんで学べています。そうでない人ももちろんですが、子育てしながらの仕事に悩みや不安がある人も、是非お待ちしています。
自己PR
 斜里町で生まれ育ち、地元を愛する人々が、最後までその土地・自宅で過ごして死ぬことができるような医療・健康増進等の仕事に携わりたい、というのが根底の思いにあります。その思いは今でも変わらずにあり、現在の自分の研修モチベーションにもつながっています。現在は仕事と育児両方楽しむ!を目標に、限られた時間の中で、いかに学ぶか、いかに楽しむかを課題に、毎日楽しく、自分の学びたいことを学びながら過ごしています。