総合診療センター-ブログ-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 総合診療センター > 第4回 病院総合医カンファレンス in 北海道 のご案内です。

第4回 病院総合医カンファレンス in 北海道 のご案内です。2013-03-29

Facebook

北海道の総合診療医、特に病院で働く病院総合医を盛り上げよう!という目的で始まったこの会ですが、おかげさまで順調に会を重ねて、次が5月11日(土)に第4回目の開催となります。

今回から若手の世話人も加え、ショートレクチャーなど新たな試みもする予定です。

是非全道全域からの施設を越えたつながりのきっかけになるといいなと思っております。 
参加費はかかりませんので、学生、医師以外の人でもふらっと立ち寄るのも歓迎です!


以下宣伝文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第4回 ”病院総合医カンファレンス in 北海道” のご案内

北海道で、北海道の医師による、北海道の医師のための“病院総合医カンファレンス”も4回目となりました。前回は北海道全域からに加え、なんと岩手県!からもご参加頂き盛会に終わりました。今回は新たに若手の世話人も加え、ショートレクチャーも取り入れました。どなたでも参加可能ですので、皆で集まって一緒に明日の北海道の病院総合医像を創っていきましょう!

【日時】平成25年5月11日(土) 14時~17時30分(13時30分受付)
【場所】北海道大学病院管理棟2階 症例検討室
【参加費】無料
【対象】医学生から指導医、開業医まで、ジェネラリストからスペシャリストまで総合的な診療に少しでも関心をお持ちの方はどなたでも大歓迎です。

【スケジュール】
14:00-14:05  オリエンテーション
14:05-15:00   ケースディスカッション①
砂川市立病院      鎌田啓佑  先生

15:10-15:25   ショートレクチャー①「高齢者の不定愁訴へのアプローチ」                    勤医協札幌病院     菅藤賢治 先生

15:25-15:45  総合医Snapshot diagnosis
帯広厚生病院      中久保祥 先生
旭川医療センター    安尾和裕 先生

15:45-16:00  ショートレクチャー②
「SurvivingSepsisCampaignGuidelines 2012 , 結局何が変わった?」
手稲渓仁会病院     永井友基 先生

16:10-17:05  ケースディスカッション②
札幌医科大学      松浦武志 先生

18:30-   懇親会(札幌駅前付近)
*懇親会はどなたでも参加可能ですが人数の関係で事前に参加希望をお願いします

【本カンファレンスの特徴】
1. 新しいスタイルのケースディスカッション
臨床推論はぶっつけ本番のClinical Problem Solving方式で少しずつ出される情報を元に展開していき、ポイントとなる場面ではグループディスカッションを取り入れています。それにより正解を求めるよりも考え方を共有できます。もう1つの特徴は、診断だけではなく診断がついていない不確実な状況でどのような決断をするかや、検査、治療などで複数の選択肢がある時に、この状況であれば何を選ぶか等の実際のマネジメントについてのディスカッションもします。教科書に書いていない臨床判断を学べます。

2. 一生もののレクチャーシリーズ
エビデンスや教科書の内容は年月とともに常に変化します。しかし臨床医としての考え方、クリニカルパール、経験に基づく虎の巻などは変化しにくく、身につけると一生の宝物となるでしょう。それを踏まえて病院総合医の臨床においてまさに“誰も教えてくれなかった”内容をレクチャーとして提供します。

【世話人】
川口篤也(勤医協中央病院 総合診療センター)
岸田直樹(手稲渓仁会病院 総合内科・感染症科)
濱口杉大(江別市立病院 /長崎大学 熱帯医学研究所)
宮田靖志(北海道大学 卒後臨床研修センター)
岩田啓芳(江別市立病院 総合内科)
鎌田啓佑(砂川市立病院 総合内科)
菅藤賢治(勤医協札幌病院 内科)
永井友基(手稲渓仁会病院 総合内科)

Facebook ページ URL
http://www.facebook.com/BingYuanZongHeYikanfarensuInBeiHaiDao?ref=hl

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(管理人K)

関連記事

トラックバックURL

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

一覧に戻る