総合診療センター-ブログ-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 総合診療センター > ブログ > 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 in 仙台の報告です

日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 in 仙台の報告です2013-06-18

2013年5月18-19日に仙台で、日本プライマリ・ケア学会学術大会が開催されました。

GPMEC からも多数参加しましたが、やっぱり学会っていいですね~。懐かしい出会いに新たな出会いあり、知っているあの人はこんな事やってたんだとか、夜の飲み会での楽しいお酒・・・。

今回は仙台だったので、多くの人が牛たんを食べたのではないでしょうか?

 

きちんと学会発表もしていますのでご安心ください。以下GPMEC からの発表です。

<ワークショップ>
・WS6 SEA の手法を活かした教育カンファレンス-その実演と運営のポイント
川口 篤也(北海道勤医協総合診療・家庭医療・医学教育センター)

WS6 SEA の手法を活かした教育カンファレンス-その実演と運営のポイント
座長:松浦 武志(札幌医科大学地域医療総合医学)
川口 篤也(北海道勤医協総合診療・家庭医療・医学教育センター)・WS6 SEA の手法を活かした教育カンファレンス-その実演と運営のポイント
WS22 臨床でもやもやすることを多職種で話し合おう(臨床倫理4分割表を用いた多職種カンファレンス)
座長:臺野 巧(北海道勤医協総合診療・家庭医療・医学教育センター)
川口 篤也(北海道勤医協総合診療・家庭医療・医学教育センター)

<一般演題(ポスター)>
・ある認知症患者との関わり ~パーソンセンタードケアの理念を用いて地域で独居生活を支えた一例~
泉 京子(勤医協家庭医療センター 勤医協月寒ファミリークリニック)
・当院での『ヒヤリハットカンファレンス』5年間のまとめ -カンファレンス運営の秘訣-
川口 篤也(勤医協中央病院 総合診療センター)
<シンポジウム>
シンポジウム 28 若手ジェネラリストのキャリアプラン
泉 京子(勤医協家庭医療センター月寒ファミリークリニック)
今回の学会でも当院で行われているヒヤリハット・カンファレンスの実演を行いましたが、これは鉄板ですね。
やはり失敗からいかに学ぶかというのはどこの病院でも鍵で、実際のカンファレンスを体験しながら運営のポイントも学べるという美味しい企画です(と自画自賛ww)


4月に発売された、南山堂の治療の4月増刊も『しまった!』を役立てる という企画で、数々の失敗事例をどのように今後に活かしているのかをClinical Jazz 形式で振り返っているものです。
ここにも当院でのヒヤリハットカンファレンスの模様が掲載されていますので、よろしければ是非ご覧になってください。  『しまった!』を役立てる

ここには密かに月寒のI 先生も執筆しています。

 

来年の学会は岡山で開催されますが、そこには是非後期研修医も多数発表できるようにしたいですね。

(管理人K)

 

関連記事

トラックバックURL

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

一覧に戻る