総合診療センター-ブログ-

TOPページ > 診療科・センター機能 > 総合診療センター > 宮崎生協病院指導医FD企画に参加しました。

宮崎生協病院指導医FD企画に参加しました。2011-11-24

Facebook

少し遅い記事ですが・・・

10月29日に宮崎生協病院で行われた第2回指導医FD(Faculty Development)企画の講師に呼ばれて成人教育理論+SEA、ヒヤリハットカンファレンス実演、臨床倫理4分割法のTipsと盛りだくさんのワークショップをしてきました。

そもそも何故宮崎の病院からわざわざお声がかかったかというと、昨年の大阪で開かれた民医連臨床研修交流集会という集まりで、ヒヤリハット・カンファレンスを実演した時に宮崎生協病院の研修医が参加していて、是非これを院内で行いたいと言ってくれてオファーが来ました。

それではるばる飛行機を乗り継いで行って参りました~。


なんと用意された時間が4時間半もあったため、相当気合を入れて準備をしたんですが・・・、
なんと30分前に到着するはずが 、タクシーの運転手さんが同じ病院系列の違う診療所に案内してしまい、そこから戻っても普段は5分くらいなんですがその日は宮崎のお祭りで交通規制が行われ、渋滞のために1時間かかってしまい30分遅れて到着しました。ガビーンΣ( ̄Д ̄;)!

長時間のワークショップ(WS)なので最初のつかみを入念に行うために、かなり自己紹介に時間をかけたスライドの作りにしたのにー・・・という思いが浮かびましたが、タクシーの運転手さんも本当に悪そうにしていたし、以前なら運転手さんにネガティブな感情を抱いただろうけども、自分も成長したなー。
このピンチをチャンスに変えるために、車の中でスライドを作りなおして今回のピンチをネタにスライド作り直しましたー。
やはりアクシデントは常に起こるものとして、起こったときにどうするかが大事ですね~。

 

実際の内容は、まずは成人学習理論のWSを行い、大事な特徴として経験から学ぶ、自分の興味のあることから学ぶetc などが出され、ではその経験を生かす学習方法は?ということで、お得意のSEAを紹介しました。

DSC_0511

参加者は研修医を含めた医師が半分、看護師が半分で、あとは事務の方、検査技師の方などでしたが、やはりsignificant(重大) なイベントをみんなに書いてもらうと、いろんな興味深い経験をしていますねー。

今回はSEA シートにsignificant なイベントを全員に書いてもらい、最終的にみんなが聞きたい内容の出来事を一例選んで自分がファシリテートしてみんなで実際にSEA セッションをしましたー。

内容は個人情報もあり書けませんが、研修医が研修先病院で体験したイベントに、医師にかかわらず多職種が温かい言葉をかけており、宮崎生協病院はみんなで研修医を育てようという文化が浸透しているなーと肌で感じました。

今後いろんな場面でSEAを使った振り返りをしていきたいと多くの方が感想を書いてくれました。

 

そして次はヒヤリハットカンファレンス実演です。後期研修医のY村先生を引き連れて、実際のカンファレンスを実演しました。
これは後期研修医がヒヤリとした症例をクイズ形式で紹介し、その後ポイントなる1-2点を絞って論文を調べて紹介するカンファレンスです。

症例自体はかなり練り込んだ症例だったので大変盛り上がりました。今回初めて看護師の前でもカンファレンスを行ったのですが、診断のところに焦点があたるので退屈かなと思ったんですが、感想では医師の考え方がわかったなど意外と高評価でした。カンファレンス中に看護師が注意すべきバイタルサインなども意識して取り入れたのも良かったかも?

DSC_0515

上の2つのセッションが終わってもう6時前でした。
最後は臨床倫理4分割法のカンファレンス実演の予定でしたが、数日前から日程的にこれは厳しいと思っていたので、実際のカンファレンスを行う際の注意点を少し話すことに留めました。すでに宮崎生協病院では臨床倫理4分割法を使ったカンファレンスを行なっているので、これはこれで正解でした。

7月のプライマリケア連合学会で臨床倫理4分割法のWSをしましたが、模擬症例を使って色々な職種のシナリオを配ってその役になりきってもらい模擬カンファレンスを実演するというのもです。こちらもまだまだブラッシュアップできるので、どこかで希望あれば是非行きますよー(笑)

 

そのあとは宮崎地鶏の炭焼き、チキン南蛮etc などなどをご馳走になりながらいろいろな話に花を咲かせた懇親会でした。

本当にこの病院は規模が小さいながら、研修医をみんなで育てようという文化が浸透していて、実際の研修医たちもいきいきとしているなーというのが実感でした。
年間入院数が3000件を超えないと 臨床研修指定病院とは認めないという制度がすぐそこまで迫っています。これが認められれば、小規模ながら良質な研修を行っている宮崎生協病院のようなところに研修医が行けなくなります。来年も3人の研修医がマッチングしたとのことが、なによりここでの研修の良さを担保していると思います。

是非全く根拠のない入院3000件問題というのは撤回してもらいたいなーと強く思った1日でした。

 

本当にみなさまありがとうございました~。今回の企画の宮崎生協病院でのブログ記事はこちら

(管理人:K)

関連記事

トラックバックURL

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

一覧に戻る