看護部

TOPページ > 医療関係の皆さまへ > 部門紹介 > 看護部

看護理念

  1. わたしたちは、患者さまの生活や労働に目をむけ、一人ひとりを大切にした看護をめざします。
  2. わたしたちは、地域・友の会との連携を密にし、看護活動を通じて地域に貢献します。
  3. わたしたちは、常に学ぶ姿勢を忘れず、安全で信頼される看護をめざします。

※一人ひとりを大切にした看護 患者さまの人権と生命の尊厳を守ることを基盤に、生きようとする生命活動や生活史、社会的背景を総合的にとらえ、患者さまの理解と納得のもと、健康の状況(予防からリハビリ、終末期まで)に即した看護の実践。

看護方針

  1. 地域のひとびとの要求に基づく継続した医療・看護を推進します。
  2. チーム医療を推進し、個別性を尊重した療養を支援します。
  3. 一人ひとりが専門性を高め、やりがいをもって看護を実践します。
  4. 病院の健全経営を積極的に推進します。

看護部長のご挨拶

 誰もが健康で安心して暮らせるまちづくりのために


 勤医協中央病院は、救急・急性期医療、がん医療、そして専門医療を柱に、地域になくてはならない病院としての位置を築けるように、地域連携を強めながら前進してきました。

 私たち看護部は、 患者さんを生活と労働の場で捉え、一人ひとりの人権を尊重した、無差別・平等の医療・看護にこだわり実践を積み重ねてきています。これからの療養の場は、医療の場から暮らしの場が中心の時代になります。私たちは急性期医療・看護に責任を持ちつつ、常に患者さんの生活や願いを大切にし、地域との連携を強めながらその人らしく暮らすことへの支援に努力していきます。

 また、看護部では、「北海道勤医協 看護職員キャリア開発プログラム」の教育理念と方 針に基づき、勤医協中央病院看護・介護継続教育要綱を作成し、専門職として常に最善のケアを提供するために必要な知識、技術、態度の向上をうながすための学習を支援しています。院内外の研修参加をはじめ、研究発表、地域連携活動の参加などを通して一人一人が成長できる機会を大切にしています。

 患者さんを取り巻く社会情勢は目まぐるしく変化しています。私たちはこれからも情勢の変化を捉え、人権を大切にした「無差別・平等の医療・看護」の実践に努力をしていきたいと思います。

2018年7月1日 勤医協中央病院
折出洋子 看護部長


左から 松井ひろみ副部長、久保田良子副部長、折出洋子看護部長、浜谷綾子副部長、木村理恵副部長

学術活動・研究業績

勤医協中央病院 看護部へのご意見・ご感想は こちらからどうぞ
s-kango@kin-ikyo-chuo.jp