TOPページ > 医療関係の皆さまへ > 研修医の方へ > 後期研修 > 後期研修プログラム概要-整形外科-

後期研修プログラム概要-整形外科-

※耳鼻咽喉科、産婦人科と小児科は勤医協札幌病院での研修となります。

受験資格

整形外科専門医申請資格(抜粋)

第4条 専門医の認定を申請する者は、次の各条件を満たしていることを必要とする。

  1. 申請時において4年以上引き続き正会員であること。
  2. 本規則に定めた研修期間、研修内容、研修施設の研修条件を満たしていること。
  • (研修期間)
    第6条
    1. 認定資格を得るための研修期間は、臨床研修期間を含め6年以上とする。この期間を証明する複数施設の在籍証明書を必要とする。 
    2. 臨床研修期間を除く研修期間のうち3年間は、第8条の手続で認定された複数の研修施設(以下「研修施設」という。)において、専門医の指導の下で臨床研修することを必要とする。
  • (研修内容等)
    第7条
    1. 研修の内容は、別に定める「整形外科卒後研修ガイドライン」(整形外科研修記録内掲載)による。
    2. 前項に定めるもののほか、次の各号に定めるところにより全研修期間中に主発表者として1 編以上の論文を学術雑誌に掲載するとともに、主発表者として1 回以上の学術集会での発表を行うことを必要とする。(後略)
    3. 所定の用紙を用いて、診療記録を作成する。これらは第1 項の卒後研修ガイドラインに掲げられた研修内容に該当する症例であることを必要とする。
    4. 研修期間中に、日整会が主催又は認定する教育研修講演を受講し、所定の手続きにより30 単位を取得する。 詳細は日本整形外科学会規則集の60pを参照してください

日本リウマチ学会専門医受験資格(抜粋)

日本国の医師免許証を有し、医師として人格及び見識を備えていること。 申請時において引き続き5年以上学会の会員であること。 日本リウマチ学会が認定した教育施設等において、通算5年以上のリウマチ学の臨床研修を行ったこと。 日本リウマチ学会専門医資格維持施行細則による研修単位を30単位以上取得していること。[※]
関連基本領域学会(例:日整会)の認定医或いは専門医の資格を有すること。

方略

以下の推薦図書を自主学習する。

私の手の外科 図書室

基本腰椎外科手術書

図書室
夏井睦:  
膝関節のMRI 大川
肩関節のMRI 大川
人工股関節THAのすべて 大川
人工膝関節TKAのすべて 大川
Campbell日本語版 図書室
整形外科学体系 図書室
手の外科の実際
AO法骨折治療 図書室
腰椎基本手術手技 図書室
整形外科医のための手術解剖学図説 図書室
大腿骨頚部/転子部骨折治療ガイドライン 図書室
腰部椎間板ヘルニア治療ガイドライン 図書室
小児四肢骨折治療の実際 図書室
外傷初期診療ガイドライン 図書室
整形外科超音波診断アトラス 図書室
徒手筋力検査法 図書室
骨粗鬆症ガイドライン2006 図書室

研究会/学会に参加し、発表する。論文を作成する。

  • 市内の学会/研究会には極力もれなく参加する。
  • 年2回の北整会には必ず発表する。
  • 全国学会にも参加し、発表する。

各種セミナー、ワークショップなどに積極的に参加する

  • エコーセミナー
  • AOセミナー
  • 関節鏡セミナー
  • 義肢装具研修会

木研会でワークショップや抄読会、日整会研修VTRを学習する

  • 英文抄読会を毎週やる。
  • PFNA
  • SLplus (THA, FHR)
  • Physioshoulder (上腕骨人工骨頭)
  • KU4 BiSurface Knee (TKA)
  • 読影道場を催す(TFCC,肩腱板,転移性骨腫瘍など)

外来診療

  • 外来診療に従事して学ぶ。後期研修開始6ヶ月は常に上級医とともに診療し、必要な指導・アドバイスを仰ぐ。
  • 短時間に適切な問診をとる。
  • 基本的な診察をする。
  • 外傷の初期治療をする。
  • 救急災害当番病院日に参加する。

病棟診療

  • 担当医として勤務する。必要に応じて主治医の指示・指導を仰ぐ。
  • 整形外科医師や看護師、他職種とチーム医療をする。
  • 初期研修医や看護師、理学療法士などコメディカルスタッフを指導する。(教えることは学ぶこと)
  • 地域医療懇談会で講演する。

診察・検査の技術、結果の解釈

  • 動態検査、造影検査・筋電図検査などの医師が実施する検査を行う。
  • 神経伝導速度検査、整形外科エコー検査なとの技師が実施する検査を見学する。
  • それぞれあらかじめ適切なテキストで学ぶ。(道民医連SBO方略に記載している)
  • 外来Xpカンファ、術前検討会などで結果の解釈学ぶ。

保存療法・手術治療

  • 当初は助手として基本的治療手技(ギプス・シーネ固定、麻酔法、剥離、切開、縫合、結紮、アプローチなど)を身に着ける。
  • 順次、指導を仰ぎつつ執刀医として経験をつむ。
  • 目標は道民医連SBO方略に記載している。

日整会一般目標GIO

日整会の卒後研修ガイドライン

  1. 運動器の基礎知識
    • 骨・軟骨・関節の生理・解剖を理解し、臨床に応用できる。
    • 神経・筋・腱・脈管の生理・解剖を理解し、臨床に応用できる。
  2. 関連領域の基礎知識
    • 病理・微生物免疫・遺伝学などの知識がある程度ある。
  3. 診断と検査
    • 骨・関節のX線診断(MRIも含む)が的確に出来る。
    • 関節造影ができ、所見を正しく評価できる。
    • 脊髄腔造影ができ、所見を正しく評価できる。電気生理学的検査ができ、所見と意義を正しく評価できる。
    • 関節鏡検査もある程度できる。
    • 病理組織所見をある程度判断することができる。
    • 基本的診察と病態考察ができる。
    • 神経学的に高位・横位診断が考察できる。
    • 急外傷患者に的確で、迅速な病態把握ができる。
    • 痛みの原因分析が十分できる。
    • 検査の意義を十分理解し、検査の適応を正しく処方できる。
    • 基本的検査を適切に計画し、意味を判断できる。
    • 論理的、学理的に病態把握を正しく思考できる。
    • 整形外科的緊急危険症状を即断できる。
  4. 整形外科臨床知識と力量
    • 病態把握と患者のプロフィールからその人に合った治療計画と見立てができる。
    • 倫理の上に適切な説明と同意ができる。
    • 適切な薬剤処方、使用ができる。
    • 徒手整復の正しい適応と実施ができる。
    • 補装具の処方、指示、指導が正しくできる。
    • 理学療法の処方、指示が正しくできる。
    • 整形外科ME機器を適切に処方し、使用できる。
    • 介達牽引管理が正しくできる。
    • 直達牽引管理が正しくできる。
    • 創外固定管理が正しくできる。
    • 局麻、伝達麻酔ができる。
    • 全身麻酔と全身管理ができる。
    • 術前準備を正しくできる。
    • 脊髄損傷の初期治療が適切にできる。
    • 開放骨折の初期治療が適切にできる。
    • 関節の感染症の初期治療が適切にできる。
    • 手新鮮外傷の初期治療が適切にできる。
    • 採骨と骨移植が正しくできる。
    • 主な関節手術(鏡視下、人工関節を含む)ができる。
    • 脊椎での椎弓切除が正しくできる。
    • 椎間板切除術が正しくできる。
    • 神経剥離術、神経縫合術ができる。
    • 血管吻合ができる(マイクロも含む)。
    • 形成外科的素養をある程度身につけている。
    • 四肢切断と術後管理ができる。
    • その他のガイドラインにある整形外科的基本手技のいくつかを確実にできる。
    • バイタルサインを正しく把握し、生命維持に必要な処置を的確にできる。
    • 救急外傷患者の搬送について正しく判断し、処理できる。
    • 救急時の気管切開ができる。
    • 緊急時の減張切開ができる。
    • 関節注射、ブロックができる。
    • スポーツ外傷の現場での処置が的確にできる。
    • 義肢以外の各種装具を設計し、指示できる。
    • 高齢者の整形外科的骨関節疾患への治療設計ができ、十分助手または術者となることができる。
    • 関節リウマチの治療計画が確実にでき、関節外科の助手がじゅうぶんできる、または術者となることができる。
    • 小児の先天性疾患(先股脱、内反足、筋性斜頸)の治療計画と保存治療が十分できる。
    • 患者の心理・情緒を洞察し、カウンセリングがある程度できる。
    • 機能障害、能力障害、社会的不利を評価でき、適切なリハビリ計画ができる。
    • リハビリテーションのうち職能訓練の処方が十分でき、評価できる。
    • 脳性麻痺の訓練の処方が指示でき、評価できる。
    • 廃用症候群の内容を分析でき、適切な治療計画が立てられる。
    • 高齢者・障害者に対し、適切な生活アドバイスができる。
  5. 研究能力
    • 自主的に研究テーマを求め、実践することができる。
    • 少なくとも症例報告論文を、口頭発表および執筆できる。
  6. 指導能力
    • 自分より若い医師に対して、適切なアドバイスと指導がある程度できる。
  7. 社会資源の理解と活用
    • 医療保険制度、生活保護、介護保険、労災保険などについて一定の知識を有する。
    • 上記の活用について、しかるべきスタッフに指示・相談・協力できる。
    • 上記制度に関しての見識を持ち、意見を述べることができる。