委員会紹介-がん化学療法委員会-

TOPページ > 医療関係の皆さまへ > 委員会紹介 > がん化学療法委員会

がん化学療法委員会の紹介

2018年7月

 EBMに基づいたがん化学療法について、レジメンの登録/管理・医薬品適正使用の推進・安全にがん化学療法を行う環境の整備など、日進月歩するがん化学療法全般に関わる審議を行うことを任務としています。委員会は各部門の代表で構成されており、会議は月1回、定例で開催されています。 最近では抗がん剤の曝露対策やB型肝炎再活性化対策、がん医療に携わる職員の教育など様々な取り組みに着手しています。

 

学習会のご案内

2018年度リスクマネジメントセミナー
 昨年度全16回開催した「がん診療委員会リスクマネジメントセミナー」がリニューアルして本年度も開催することになりました。 これまでのセミナーで、皆さんからいただいたアンケートを基に、知りたかったけど聞けないことなど、日常業務に大いに役立つ内容を網羅しています。
 お昼の時間を利用して開催しますので、お弁当持参でお越しください。
1 2018/6/28  抗がん剤の曝露対策
2 2018/7/18  血管外漏出
3 2018/7/27  CVポートの基礎知識
4 8月予定  副作用マネジメント各論①「免疫チェックポイント阻害薬」
5 8月予定  副作用マネジメント各論②「骨髄抑制」
6 9月予定  副作用マネジメント各論③「悪心・嘔吐」
7 9月予定  副作用マネジメント各論④「末梢神経障害」
8 10月予定  副作用マネジメント各論⑤「皮膚障害」
9 10月予定  副作用マネジメント各論⑥「脱毛(ウイッグの説明等も)」
10 11月予定  副作用マネジメント各論⑦「口内炎・味覚異常」
11 11月予定  副作用マネジメント各論⑧「下痢・便秘」
12 12月予定  副作用マネジメント各論⑨「過敏症・infusion reaction」
13 12月予定  高額療養費制度について