患者の権利に関する宣言

TOPページ > 病院紹介 > 理念・基本方針 > 患者の権利に関する宣言

患者の権利に関する宣言

2003年 2月14日
改定 2003年 4月 4日
改定 2014年 9月 3日
勤医協中央病院

患者の人権を尊重し、患者と協働(共同)して無差別・平等で最善の医療を創造するという立場から、私たちは患者の権利に関する以下の項目を大切にし、その実現に努めます。

  1. 知る権利
    患者には、自らの病名および病気の状態(検査結果も含む)、診断・治療に関するメリット・デメリットを含む様々な情報、予後(今後の病気の見通し)に関すること、薬の名前とその作用・副作用、必要経費などについて、納得いくまで説明を受ける権利があります。
  2. 自己決定権
    患者には、十分な説明を受けた後に、その治療・検査の内容や時期に関して、受け入れるかまたは何らの不利益を受けることなく拒否したり、同意をいつでも撤回する権利があります。また、経過中に当初の説明とくい違いが生じた場合、あらためて説明を受け、苦情や異議を申し立てる権利があります。
  3. プライバシーに関する権利
    患者には、診療の過程で得られた個人情報に関して無条件に保護され、私的なことについて干渉されない権利があります。
  4. 適切な医療を等しく受けられる権利
     患者には、安全性と人間性に十分な配慮がされた納得できる適切な医療サービス(診断・治療のみならず、自らの健康増進と疾病の予防に関わる健康教育を含む)を受ける権利があります。
  5. カルテ開示を求める権利
    患者には、自らの診療記録の開示を求める権利があります。
  6. 社会保障の改善を求める権利
    患者には、社会保障の改善を国や自治体に対して要求する権利があります。
  7. 終末期医療に関する権利
    患者には、尊厳をもって死を迎える権利および終末期にあっても可能な支援を最大限受ける権利があります。
  8. 精神・心理的配慮を求める権利
    患者には、精神的・道徳的に納得いく配慮をうける権利があります。
  9. セカンドオピニオンに関する権利
    患者には、十分納得のいく診断を受け、最善の治療法を選択するため、主治医以外の医師から意見を聞いたり、説明を受ける権利があります。